あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

養育費

養育費とは、未成年の子供がいる場合、その子供が社会人として自立するまでの間、監護・教育するのに必要な費用のことです。要するに、子供の自立までにかかる全ての費用ということになります。(衣食住、教育、医療、交通、最低限の文化・娯楽など、生活全般にかかる費用です。)

自立するまで子供を扶養し養育費を支払うことは、両親の義務です。離婚前は共同財産の中から自然に子供の生活に充てられていたものですが、離婚の際には今後どのように分担して支払っていくのかをきちんと決めなければいけません。協議、調停、裁判という離婚方法の違いにかかわらず、決めた方がいいものです。なお、離婚後でも養育費の分担内容について話し合うことは可能です

養育費は、父母それぞれの経済力に応じて分担します。子供と離れて生活する方の親が、もう一方に養育費としていくら支払うかが問題になり、協議で決められない場合は家庭裁判所に「養育費請求」の調停を申し立てます。
金額は、居住地域の生活水準や同居家族の生活状況によっても異なったり、母親に経済力がない場合は父親が全額持つ場合もあります。ご自身がどれくらいの金額をもらえそうか、もしくはどれくらい支払うべきなのかをお悩みの方は、ぜひご相談ください。

【養育費の金額例】
  • 2万円~4万円(月々)[最も一般的]
  • 4万円~6万円(月々)
  • 6万円程度(子供2人、月々)
  • 300万円程度(一時金として離婚時に一括) など

参考「養育費算定表」 http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html