あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

財産分与

「財産分与」とは、婚姻期間中の夫婦共同財産を清算して分けることです。
各財産の形成維持に際して、それぞれがどれほど貢献したかに応じて清算され、離婚の責任等と分割割合は関係ありません。
収入を持たない専業主婦が受け取れる割合は、少し前までは総財産の30%程度でしたが、現在では二分の一というのが一般的となっています。
なお、財産の種類とその分与方法によっては税金がかかるものがあります(譲渡所得税など)。原則的に、売却して現金化すれば、税金はかかりません。財産分与の請求が出来るのは、離婚成立の日から2年以内です。

【財産分与の対象になる財産】

婚姻期間中に夫婦で協力して得た財産…現金、預貯金、住宅、自動車、土地、家財道具、有価証券、会員権、満期になった生命保険、退職金(将来的なものであっても認められることが多い)、年金 など。