あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

グレーゾーン金利

前述の通り、いわゆる「グレーゾーン金利」とは「利息制限法の上限以上~出資法の上限以下」の高金利のことです。

2010年6月18日に改正貸金業法が施行される前には、金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約について定める2つの法律「利息制限法」と「出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)」の間で上限金利に差があり、以下のようになっていました。

グレーゾーン金利の図

グレーゾーン金利の図

旧出資法の上限利率(29.2%)に反すると刑事罰があるのですが、利息制限法の上限利率に反しても罰則規定はありませんでした。
貸金業者は罰則規定がないことをいいことに、利息制限法の上限利率を超え、29.2%に近い利率で利息の請求を行っていたのです。

※2010年6月18日に4条の施行で完全施行となった改正貸金業法により金利体系の適正化が行われ、出資法の上限金利が利息制限法の上限に合わせて20%に引き下げられたため、「グレーゾーン金利」は撤廃されました。