あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

過払金が発生している可能性が高いケース

利息制限法の上限超過利息を支払った期間が長ければ長いほど、過払金が発生している可能性が高まります。
たとえ、まだ返済中であっても計算し直すと既に返済を終えており、返しすぎている場合(過払金)も多くありますので、ご相談下さい。

以下のケースだと過払金が発生している可能性が高いといえます。

①完済済み

借り入れた期間が短くても過払金が発生している可能性が非常に高いです。
※完済から10年で時効にかかってしまうのでお早めにご相談下さい。

②5年以上の取引

まだ返済中であっても過払金が発生している場合が高いです。