あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい
よくある質問
Q.自己破産をしたら選挙権がなくなってしまいますか?
A.いいえ。
選挙権や被選挙権などは喪失しません。これまでと同様に選挙に参加できます。
公民権は国民の権利であり、破産では侵害されることはありません。
Q.自己破産をしたときのデメリットが気になって…
A.後の日常生活に支障は出ません。
戸籍や住民票に記載されることはありません
近所に知れ渡ったりはしません
(破産者名簿と官報には記載されますが、これらを一般の人が目にすることはありません)
以後の収入を管理されたり使用を制限されることはありません
家族や子孫の将来の生活に影響はありません(※家族が連帯保証人になっていれば支払い義務が生じます。
その場合は保証人も含めた債務整理が必要ですので、まずは全てを正直に話しましょう)
勤め先に連絡が行ったり解雇されたりはしません
(※手続き期間中は職業制限がありますが、免責決定後はこの制限もなくなります)

不安なことがありましたらまず当事務所へご相談下さい。
お問い合わせはこちら