あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

破産後の注意点

ローン・クレジットカードの利用はできません

破産により、個人信用情報機関の事故情報(通称ブラックリスト)に登録されていますので、今後7~10年間(会社によって期間は異なります)はローンを組んだり、クレジットカードを作成することはできません。
また、一定期間の経過以外にブラックリストの登録を抹消する方法はありませんので、抹消をうたった詐欺にもご注意下さい。なお、銀行のカード(通帳)は作成できますし、預金も普通にできます。

7年間は破産することができません

より正確には、破産免責許可決定がなされてから7年間は原則として、免責許可を受けることができません(破産免責不許可事由に該当します)。したがって、破産申立をしても、借金(債務)をなくすことはできなくなりますので、ご注意下さい。

ヤミ金に注意

破産手続開始決定から1~2ヶ月後に官報に名前が記載されますが、これを見た消費者金融やヤミ金融からダイレクトメールが届くことが多いようです。新規融資を持ちかけてきますが、これは上記の7年間破産できない点を狙ったものです。ヤミ金・悪徳金融業者の可能性が非常に高いので、ヤミ金や消費者金融から絶対に借り入れをしないで下さい。

税金・社会保険料などは免責されていません

以下の債務は免責されていませんので、お支払いをする必要があります
税金(区民税・自動車税・固定資産税など)
社会保険料(健康保険料など)
公共料金(水道代・電気代・ガス代など)
破産者が養育者、または扶養義務者として負担すべき費用
罰金