あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

免責不許可事由

免責許可は、債権者を犠牲にして、借金の免除という強い効果を発生させるものです。
そこで、免責許可を得るにふさわしくない場合として、法は免責不許可事由を定めています。

調査の結果、以下の事情があると、免責は認められない場合があります。ただし、事情により許可が下りる場合が多いのでご相談下さい。
過去7年以内に免責を受けたことがある
債務原因が浪費(パチンコ・競馬等のギャンブル、キャバクラ等での高額な飲食代、明らかに収入に見合わない 高価な買い物など)によるもの
各種登録情報を偽って契約した債務(偽名など)
複数の債権者がいる中で、特定の債権者だけに担保の提供や弁済を行った(親兄弟なども含む)
裁判所に対する説明の拒否・虚偽の説明など
資産・資料隠しなどの妨害行為や不正行為    など