あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

相続放棄

相続には、以下の3種類の方法があります。
①単純承認
②相続放棄
③限定承認

①単純承認
単純承認とは、被相続人の財産をそのまま相続することをいいます。
相続が開始してから3ヶ月以内に何もしなければ、相続人は単純承認をしたとみなされ、被相続人の財産をプラス・マイナス全て相続することになります。

②相続放棄
しかし、借金が高額で、マイナス財産がプラス財産を上回る場合などは相続をしない方がいいと言えます。
また、家業を引き継ぐ人に全てを渡すために、他の家族は相続をしないというケースもあります。
このような場合は「相続放棄」という方法を取りますが、手続きをしなければ相続は放棄できません。従って、何もしないでいると、いつの間にか故人の借金を背負っていることになります。

相続放棄の手続きは、相続人が自分が相続人であることを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出して行います。これは、故人の一切の財産を相続しないという手続きであり、「借金はいらないけど、プラスの分だけ相続したい」といったことは出来ません。
一度相続放棄をしたら、特別な事情(脅迫により放棄した場合など)がない限りは撤回できません。

③限定承認
また、手続きが複雑なためあまり行われませんが、「限定承認」という相続方法もあります。
これは、プラスとマイナスのどちらの財産が上回るのかが微妙な時に、相続財産の範囲内でのみ被相続人の債務を返済するというものです。全てを返済して財産に余りがあった場合はその分を受け取ることができ、逆に相続財産が債務額に足りなかった場合は不足分を支払う必要はありません。
こちらも相続放棄と同じで手続き期限があります。相続人が自分が相続人であることを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出します。

限定承認では、複数の相続人がいる場合、全員揃って限定承認を選ばなくてはなりません(相続放棄をした相続人は除く)。