あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

債務整理の方法

債務を整理するには、任意整理個人再生自己破産の3つの方法があります。
引き直し計算により出た、正しい現在の総借入残高と依頼者様の現在の収入状況等を鑑みて、ふさわしい解決方法を提案いたします。

  • 過払いについて

    過払い

    2010年6月18日に改正貸金業法が施行される前は、よく知られている消費者金融や信販会社などでも「グレーゾーン金利」(「利息制限法の上限以上~出資法の上限以下」の高金利)で貸し出しをしていました。
    グレーゾーン金利を利息制限法に基づいた金利に引き下げて計算を行い、その差額を調べてみると、払い過ぎている金利額が明らかになります。
    「過払い金返還請求」を行い、多く払い過ぎていた金利額を取り戻しましょう。

    過払いについて詳しくはこちら
  • 返済可能な方はこちら

    任意整理

    裁判所を用いることなく、弁護士による債権者との和解で借金を解決する方法です。
    分割払いや利息の免除を提案し、依頼者様一人一人の状況に応じた無理のない返済方法での和解成立を目指します。
    引き直し計算後に、借り入れ残高がある方はまずは任意整理を検討することになります

    任意整理について詳しくはこちら
  • 自宅等を残したい方はこちら

    個人再生

    借金総額の20%程度(最低100万円)を3年間かけて分割弁済するかわりに、残りは免除するという法的手続です
    自己破産に比べ、手続が長期にわたりますが、持家や高額な財産をを処分しなくても良い場合があること、借金の原因がギャンブル等の浪費の場合でもそれが問題とはならずに手続を利用できることが特徴です。

    個人再生について詳しくはこちら
  • 返済が困難な方はこちら

    自己破産

    借金の総額が大きくなって、現在の収入では返しきれない場合に、高額な財産を処分することと引き替えに借金をゼロにする法的手続です。
    借金をゼロにするという強い効果を発生させるため、持ち家等の高額な財産は処分しなければならず、借金の理由も問われます

    自己破産について詳しくはこちら