あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

個人再生のメリット・デメリット

メリット
  • 手続に着手すると、その時点で債権者からの取立・督促が止まる
  • 手続終了まで返済も停止してよい
  • 債務総額を圧縮できる
  • 住宅ローン特則を利用すればマイホームを手放さなくてすむ
  • 手続が開始されれば債権者は強制執行できなくなる
  • 自己破産のような免責不許可事由がない
  • 自己破産のような各種の資格制限がない
デメリット
  • 3年かけて返済できるだけの収入・資産状況が必要
  • 負債総額が5000万円を超えない場合に限定される
  • 原則3年間返済し続けなければ免責を受けられないので、完全な解決まで時間がかかる
  • 信用情報機関(通称ブラックリスト)に情報が掲載されるので、7年~10年間は自分名義の
    クレジットカードを作ったり、新たな融資は受けることができない