あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

個人再生とは

個人再生(小規模個人再生)とは、原則3年間の返済計画をたてることで、総債務額を10~20%程度(最低100万円)に減額する法的救済手続です。

免責を得れば借金がゼロになる破産と異なり、一部を返済する必要があるので、定期的かつ安定した収入が将来的に見込めることが条件となります。その分、他の条件は自己破産よりも緩やかになっています。

具体的には以下の特徴があります。

①住宅ローン特則
ローン中のマイホームを手放すことなく債務整理を行えます。
②免責不許可事由がない
借金の原因がギャンブル等のため破産できない方でも利用できます。
③資格制限がない
破産ならば資格を失う警備員や保険募集人でも、資格制限を受けることがありません。

他方で、返済できるだけの収入状況も必要ですので、上記の特徴にメリットのある方が選択すべき方法といえます。