あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

利息分の免除(減額された元本のみを支払う)

当事務所では、
利息制限法に引き直した残高を総支払額とする
最終取引日からの金利は一切つけない
という基本方針に基づき、減額を求めます。

この和解案で合意に至った場合は、未払利息・将来利息(完済日までの利息)・経過利息(和解日までの利息)といった利息が減額となり、引き直し計算後の減額された「元本のみ」を支払っていけばいいということになります。この内容で合意に至れば、大幅に返済総額を抑えることができます。