あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

任意整理のメリット・デメリット

メリット
  • 受任通知発送後は、取り立て・支払い請求が法的に禁じられるため、借金返済に追われなくなる
  • 依頼後は、和解成立まで返済は不要
  • 引き直し計算により、過払い分が減額され、借入残高が少なくなる場合が多い
  • 未払利息を減額できる場合がある
  • 30-60回払いの分割払いにできる場合がある
  • 裁判所を通さない手続きである
    →整理する対象を自分で選べる
    →財産の強制処分がない
    →官報に記名されない
    →裁判所への書類提出や、出頭の必要がない
    →手続きにかかる費用が抑えられる
    →破産ではない
デメリット
  • 大幅な減額は期待できない
    債権者が応じなければ和解は成立しないので、他の法的手続に比べて減額の割合は低くなります。
    ※武富士の会社更生申請以降、減額に応じない貸金業者が増えてきました。

  • 個人信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されるため、
    3~10年間(会社による)はローンやクレジットカードの契約が出来ない

    (ただし全ての債務整理方法共通)
  • 裁判所を通さない手続きである
    →減額内容は債権者との合意に基づく。合意を債権者に対して法的に強制することはできない。