あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

過失相殺(過失割合)について

事故の損害は、全て加害者、すなわち事故相手方からとれるというわけではありません。お互いの過失割合に応じて、損害を分担することになります。

この過失割合は、保険や裁判実務において、事故の態様(追突か正面衝突か)、事故の当事者(4輪自動車か、バイクか、自転車か、歩行者か)などによって類型化されています。その各類型を、さらに個々の事案に応じて修正し、最終的な過失割合が定まります。