あなたを笑顔にする法律があります1人で悩まず、お気軽にご相談下さい

労働時間の立証方法 残業代請求

①残業代請求における労働時間の証拠にはどのようなものがあるのか?

残業代を請求する場合、労働時間を労働者の側で立証する必要があります。

以下、労働時間を立証するための代表的な物を挙げていきます。

(1)タイムカード
非常に証明力が強いもので、裁判所もまずはこれらを強く信用します。タイムカードが裁判で提出された場合、強力な反証が無い限り、それが証拠となります。

(2)日報
業務日報、営業日報といった報告書を会社に提出し、そこに労働時間を記載している場合には、これも信用性が高い証拠もあります。

(3)就業規則や労働契約の記載
就業規則、労働契約書に労働すべき時間が記載されている場合、その時間は労働していると推認されます。

(4)パソコンのログインデータ
個別のパソコンのログイン、ログアウトの時間で管理されている場合には、その時間が労働時間と認定されます。

(5)デジタルタコグラフ
トラックに搭載されたデジタルタコグラフがある場合、当該デジタコの挙動により労働時間が推認されることになります。

(6)シフト表、勤務表等
シフト、勤務表等に労働時間が記載されている場合は、その時間は労働したであろうという推認がなされます。

②それらの物が存在しない場合、または虚偽の時間を申告させられている場合
会社によっては、タイムカード、日報等が一切存在せず、残業代計算の基礎となる労働時間の把握ができない場合があります。労働時間を立証する必要は労働者にあるものの、労働安全衛生の観点から、会社が労働時間を把握する義務があります。そのため、会社がわざと労働時間を管理していない場合、あいまいな証拠でも、残業時間が認定されるケースが多いです。また、残業を隠蔽するため、タイムカード打刻後に労働させている場合、日報に虚偽の労働時間を記載させて提出している場合等についても、以下の証拠により労働時間を立証することが可能です。

(1)日記の記載
家族の日記やメモ、本人の日記に労働時間が記載されている場合や休日出勤の予定がメモされている場合には、労働した事実が立証できます。こういった日記は、労働時間だけメモしたものより、私生活、すなわち休日の予定等についても同時に記載されていた方が、自然にメモしているものなので証明力は強くなります。

(2)警備記録の確認
警備員が入退館の記録をつけている場合、セコム等をセットした記録がある場合等、就業場所から出入りしている記録がある場合、その記録が証拠となります。

(3)メール、ファイルの保存時間、送信時間等の記録
業務関連のメールの送信時間、業務関連ファイルの保存時間等は、その時間に労働していた証拠となります。

③一切の証拠が無くて、残業代請求ができるか?
上記のような証拠が一切無い場合でも、使用者は労働者の労働時間を把握する義務があることから、残業代請求が認められる余地はあります。しかし、その場合には、やはり業務量や業務時間についてある程度労働者側で立証する必要があるでしょう。例えば、飲食店等の店舗勤務者であればホームページや食べログに記載された営業時間の確認、準備や片付けにどの程度の時間がかかっていたのか等から立証することになるでしょう。外回りの営業であれば何件の営業先を回ったのか、どのルートを通ったのか等、業務内容から立証していくことになります。

このページのTOPへ

電話でのお問い合せは047-401-3150

ホームページからのお問い合せはこちらをクリック